リスクを考える

  • 2016.04.14 Thursday
  • 07:24

リスクを考える
 

プロジェクト・リスク・マネジメントの書籍・・・


「熊とワルツを」の一節にこんな言葉があります。(P.32 Cf.)


リスク管理の責任は、リスクを無視した場合に代償を支払うことになる
当事者が負わなければならない。


しかし、往々にして責任を弱い立場の人に転嫁する
若しくは、責任は誰も取らない
そのようなことがありませんか?


もっとも、事が公になれば話は別でしょうが。


人生の航海においては、「まいた種は自分で刈り取らなければなりません。」


「人間は自然には勝てない!」と思うのです。
事に当たっては、謙虚な姿勢で臨むべきだと思うのです。 
もっとも、私が謙虚かどうかは疑わしいのですが。。。
 

リスクは見て見ぬふりをしても、黙って通り過ぎることはありません。


リスクを見たくないものだから・・・
「そんなことを言っていたら、先に進めない!」
「そんなのは、起きてから考えればよ!」
「皆がそれで行こうと言っているのに、なぜ、水を差す!」
etc
 

それで、事が起こったら・・・
当たり前のように、言い出しっぺに責任を押しつける!?
あげく、危機を脱出したら当然のような顔をして感謝の一言もなく。
「私の功績です!私のリスク・マネジメントは素晴らしいでしょう!」
と自分の手柄にする呆れた連中 ・・・
 

今でもそうなのでしょうか?
 

事を起こす前に、当然リスクは抽出しておくべきものです。
 

そして、時には、第六感も大事です!?
 


こんな事を書いている私ですが・・・

仕事に関しては、「リスク・マネジメント」ができるのに


自分のことに関しては、「リスク・マネジメント」がうまくできない
時があるのはなぜ?

たぶん、客観的に評価できないからだと思うのです。


やはり、メンターやコーチは必要!


今日も、最後まで、お読みいただきまして、
ありがとうございました。

仙台でビジネス・コーチングやパーソナル・コーチング、
マインドマップ・インストラクターをしている
タッタくんこと佐藤好彦でした。


☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆
タッタくん、無料体験コーチングをやっています

☆無料コーチング等の予約はこちら>>>

JUGEMテーマ:つぶやき。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ご質問、お問い合わせ等

selected entries

categories

archives

recommend

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる (JUGEMレビュー »)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM