良い上司と悪い上司を見分ける方法 そしてプチ対処法について

  • 2017.09.30 Saturday
  • 12:10

良い上司と悪い上司を見分ける方法 そしてプチ対処法について


こんな記事がありました
ダメな上司だけがする10の発言 (Forbes JAPAN)より
  

いい上司を見分けるのは簡単だ。いい上司は、「よくやった!」
や「調子はどう?」と常に声をかけ、部下の話に耳を傾け、士気
を高めることが上司にとって一番重要であることを心得ている。

ダメな上司はそれが分からない。中には、ある日フレンドリーだ
ったかと思えば、翌日には罵声を浴びせてくる人もいる。能力の
ない上司の行動は予測しづらく、それに振り回される部下にとっ
ては大きなストレスだ。だが、上司が怒りに任せて口走る言葉に
耳を傾ければ、ダメな上司とそうでない上司を見分けることがで
きる。
   

10個の発言については、Forbes JAPANをお読みいただくとして。

 

私が教わった良い上司の条件とは、
1.部下が仕事をしやすい環境を作る
2.部下の異動希望を叶える


悪い上司の例を一つ紹介します。
ある日フレンドリーだったかと思えば、突然、怒鳴りまくる。

私も経験があります。
書類の決裁をもらいに上司の部屋へ・・・
 朝、出がけに奥さんと喧嘩したらしい。
そのせいで虫の居所が悪く、腹いせに罵声を浴びせてくる。
1時間近く、訳の分からない説教が続く・・・。
いつになったら解放されるのやら、1時間も経たされている私。

 

そんなときの一番簡単な対処法は、
1. 異動が可能であれば、異動を願い出る。
2. サッサと転職する。
そして、彼らを反面教師とする。

そうはいっても、直ぐに異動や転職はできないです。 (ToT)


そこで、あなたにプチ対処法をお教えします。

それは、怒りの原因を知ることです。

 

エッ、なぜ、と思われたでしょう。まあ、聞いて下さい。

 

私の母がこんな話をしてくれました。
私の同級生の母ちゃん、看護婦(士)をしていました。
婦長だった母ちゃんの言葉
家を一歩出たら、家でどんなことがあったとしてもすべて忘れる
こと。
平常心を保つこと。
それができないときに、ミスを犯すことに繋がる。

 

今思うと、直ぐに癇癪を起こす私に対しての戒めでした。

 

どんな仕事でも体調(心と体の)管理は大切です。
これができている人は、良い上司と言われます。


人はなぜ、怒るのでしょう。
あの忌々しい上司はなぜ、あんなに怒るのでしょう。

いろいろあるのでしょうが、

人は、こうあって欲しい、こうなるはず、こうあるべき etc

が叶わなかったときに爆発します。


自分の中で思い描いていたとおりにならなかった時です。

部下は私の依頼したことをやってくれるはず。
部下は私の指示どおりに動いてくれるはず。
奥さんがこうやってくれるはず。
ご主人がこれをやってくれるはず。
etc
○○と思っていた、○○を期待していた。

でも違っていた。

 

こんなはずじゃなかった!

「どか〜ん!!」

 

世の中、そんなに、思い通りになることなどそうそうない。

分かっています。分かっていました。

 

でも、私は、あなたを信用してお願いしたじゃないか。

私の指示に従ってくれるものと信じていた。

 

それって、あなたは裏付けや根拠があって信じたのでしょうか。

任せっぱなしにしてはいませんでしたか。
部下が理解できるように説明した上で指示をしたのですか。

 

そこで心がけることは、
上司も部下も、ホウレンソウを励行すること。

それでもダメなら、自分が壊れる前に転職すること。

 

最後に、長々とお説教じみたことを言われている時には。
早く終わらないかなあ〜、などと思っていると、益々お話が長く
なります。
仕方が無いので、とりあえず相手のお話を受け止めて、
 そうなんだあ〜、そんなことを思っているんだ〜。
 と受け止める。
そして、さ〜っと流す、さっと流す。
 受けて、流す。

 

今日も最後までいただき、ありがとうございます。

 

それでは、また。

 

 

JUGEMテーマ:コーチング

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

ご質問、お問い合わせ等

selected entries

categories

archives

recommend

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる (JUGEMレビュー »)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM