上司への相談が上手に出来ないあなたへ 上司への相談をスムーズにするコツあります

  • 2017.11.06 Monday
  • 20:27

上司への相談が上手に出来ないあなたへ 

 上司への相談をスムーズにするコツあります

 

先日、こんな記事を見つけました
  ↓↓↓
上司への相談、スムーズにするコツ メール活用も
 

仕事を円滑にこなす上で、上司への相談をうまく進めることが欠
かせませんよね。ただ、忙しそうな上司に対し「いつ、どんなふ
うに声をかけたらいいのか」と戸惑う事がよくあります。上司に
スムーズに相談するコツはあるのでしょうか。

 

よくあるお話です。
「今ちょっと、お時間よろしいでしょうか」
大学卒業後に地方公務員になって2年目のAさんが上司に声をかけ
た時のこと。抱えている案件で相談したいことがあったから声を
かけました。返ってきたのは、「今は忙しいので、また後で」の
一言です。「また後でというのは、いつだったらいいのか……」
とAさんは悩んでしまいました。


私が以前、コミュニケーション・セミナーでお話した際に、この
お話と同様の質問を受けたことがあります。

 

部下が上司に声をかけるタイミングが悪いわけではなく、上司が
いつ時間を取ってくれるのかが分かればよろしいのですが。。。

 

なので、上司が「またあとで・・・」と言ったら、聞き返しては
いかがでしょう。「何時頃空いていますか」と。

 

急ぎのものは、「この案件は急ぎなのですが・・・」と言ってみ
るのも良いでしょう。


そうだ、今はメールという強い味方があったのですね。
忙しいようにだったら、メールで簡単な内容を伝えておく。

「詳細は後ほど・・・。」
としておくと・・・


手が空いたときに、向こう(上司)から聞いてきます。

 

そうそう、大事なことは。
ポイントは報告なのか相談なのかを明確にすることです。

 

相談の仕方について
伝える内容と順序はあらかじめ整理しておくことです。
(メモをしておくと良いです。)


ここでのポイントも、話す前に報告なのか相談なのかを明確にす
ることです。


先輩に教わることも大事です。
ここでのポイントは、リサーチが大事らしいですよ。


事前に先輩に上司への相談方法を聞いて、アドバイスをいただく。
上司のタイプもいろいろです。だったら相談の仕方も臨機応変に
することです。

 

やはり、職場は話しやすい環境が一番
これは、職場の雰囲気ですよね。


会社や上司のみなさんが話しやすい雰囲気を創ってくれると、と
っても有り難いです。
 
お伺いを立てるのに枕詞が必要な官庁もあったりします。
お言葉を返すようですが・・・と言う枕詞を使用しないと・・・
大変なことになるようです。


かと思えば ・・・
「おっさん、聞いてよ!」のスタンスでも、聞いてくれるような
ラフな職場もあります。
ただし、必要最小限の礼儀は当然ですが。


人は認めてほしいものです。
わたしは特に認めて欲しい、承認して(わかって)欲しいタイプ
ですので。。。なおさらです。。。

 

聞いてくれる、受け止めてくれる上司が一番です。

 

 

JUGEMテーマ:コーチング

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ご質問、お問い合わせ等

selected entries

categories

archives

recommend

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる (JUGEMレビュー »)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM