坂を下る喜び

  • 2016.04.15 Friday
  • 20:16

坂を下る喜び

坂の上の雲〈1〉 司馬遼太郎著(文春文庫)

若いときに(たぶん、10代後半から20代前半)、
歴史物語として読みました。

そのこころの私は・・・若かった
「坂の上の雲」の意味が理解出来ませんでした。
未熟だった・・・ (@@;)

一生懸命目指していたのですね、山の頂を
「坂を下る喜び」
こちらは、老いの冒険―人生でもっとも自由な時間の過ごし方 曽野綾子著

以下はその一節です。

私はこう思うのです。
若者は、希望に胸を膨らませ(?)
会社勤め、自営etc働き始める・・・
山登りの始まりです。
あの山を目指して一生懸命登っていきます。
あの山の頂の先には何がある?
雲が・・・!
雲の先には?・・・
明治の日本がそうであった。

人はやがて、会社で定年を迎える。
ゆっくりと山を下りてくることになります。

老いをどのように過ごすのか?
うーん、まだ、若いつもりのタッタくんです。

おへそが曲がっている私、タッタくんは
でも、みんながみんな、山を下りるわけではないですよぉ〜。
と思うのです。

山登りの経験を活かし、隣の山を目指したり、
いちから新しい山を目指したり、
できるのじゃぁ〜。

山を下りるもよし、
新たな山へ挑戦するも良し、

あなたはどちらを選びますか?

私は、もちろん、隣の山を目指します、目指しています。

---------------------------------
20歳であろうが
80歳であろうが
学ぶことをやめてしまった人は
年老いる
学びつづけているひとは
いつまでも若い

ヘンリー・フォード
--------------------------------

今日も、最後まで、お読みいただきまして、
ありがとうございました。

仙台でビジネス・コーチングやパーソナル・コーチング、
マインドマップ・インストラクターをしている
タッタくんこと佐藤好彦でした。

☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆
タッタくん、無料体験コーチングをやっています
☆無料コーチング等の予約はこちら>>>

☆コーチングやセミナーに関するお問い合わせはこちら>>>

さらに -----------------
人生、後悔のない航海へ!

「らしんばん倶楽部」主催しています
↓↓↓
笑顔で、自分らしく、豊かに人生を航海する、あなただけの羅針盤を
手にしていただくお手伝い。

あなたの大切にしていること、価値観、からあなたのミッションを創ります。
この羅針盤を手にすると、望む人生を引き寄せることができます。

☆らしんばん倶楽部  詳細はこちら


JUGEMテーマ:つぶやき。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ご質問、お問い合わせ等

selected entries

categories

archives

recommend

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる (JUGEMレビュー »)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM