相手を受け入れる、綱引きに勝とうとしないこと

  • 2016.07.19 Tuesday
  • 09:22

相手を受け入れる、綱引きに勝とうとしないこと

 

虎との綱引きに負けそうになったら、相手があなたの腕にかみつく
前に綱を放しなさい。綱ならいつでも買うことができる。
                  マックス・ギュンター アメリカの作家


綱引きに勝とうとしないこととは、相手を受け入れることです。

 

相手がかみつく!?

相手に勝とうとして、争う、反発する、反論する、挑発する。
そうすると・・・相手はますます、反論してきます。そうです、
噛みつかんばかりに・・・。

 

さて、この結果はどうでしょう。
たとえ勝ったとしても、むなしいです。

なぜって、相手の好意は決して得られないからです。

 

あなたはいかがでしょう。


相手に譲ること。これができそうで、できないことです。
若い頃からこれができていたら、と今更反省しても仕方がありませ
ん。


それではいつも争わないの?
うーん、なんとも言えないような。

 

でも、反論には反論ではなく、同意でもなく、理解を示したら、
あなたの考えは○○ということですね、と。

 

これだとどうでしょうか。

 

そう、これが綱引きの綱を手放すということです。

 

自分の考えを脇の方において、相手の考えを受け取ることです。

そうすれば、お互いハッピー・ハッピーになる答えが見つかるかも
しれませんね。

 

これは、コーチング、コミュケーション技術でも教えています。


争いごとが起こったときに、
「はいはい、あなたが正しいです。以上、おしまい!」
にしてしまうと、相手は振り上げた拳の行き先に戸惑うことになり
ます。

 

相手が話し尽くすまで、ただただ聞く。私はなかなかできないので
すが、たまに、相手が言い尽くすまで聞くと・・・、聞いてあげる
と、相手が引き下がります。

 

なんだあ、聴いて欲しかっただけだったんだ。

 

たいていの場合、相手の話を十分に聞いてあげると、こちらの言い

分も聞いてくれます。

 

論争が論争でなくなってしまいます。

 

感情をコントロールして、“聴きにくいこと”を聴く姿勢が大切で
す。

 

私という全人格を否定でもされない限りは、“はいはい”と聞いて
あげたほうがよろしいようです。

 

私、偉そうなことを言っておりますが、これらを心がけたいと思っ
ております。

 

“相手を受け入れること”、あなたはいかがでしょう。

 

きっと、素敵な人間関係を築くことができます。


今日も、最後まで、お読みいただきまして、
ありがとうございました。


☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆
いつも時間が足りない!イライラ
部下が言うことを聴かない!

あなたの、悩みを聴きます!
 ☆コーチングに関するお問い合わせはこちら>>>
  
 ☆メルマガ登録はこちら>>>
  

JUGEMテーマ:コーチング

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ご質問、お問い合わせ等

selected entries

categories

archives

recommend

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる (JUGEMレビュー »)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM