他人と比べない!?

  • 2016.03.05 Saturday
  • 07:32
他人と比べない!?

あなたは自分が好きですか
それとも嫌いですか

私はというと、
ちび、デブではありませんでしたが、メガネ
顔はそれほど良くないし、
運動音痴、球技はからっきし駄目!?

自分のことが「嫌い」と思うと、
ついつい、「嫌い」なところを探します。
そうすると、「嫌い」なところ、
嫌なところがどんどん出てきます。


さらに、あの人はこうで、
それに比べて私は・・・
劣等感に落ちる

反対に、あの人・・・、
私より××・・・
良かった・・・と優越感に浸る

そして、ますます落ち込む 私

まさに、「負のスパイラル」です。

精神科医の野田秀樹さん
「他人と比べない生き方」では幸せになれない

他人との差異を知り、傷つくことを極端に避けることが、
本当に幸せにつながるのか?
と語っています。

私も、順位付け、優劣を知ることは必要だと考えています。
他人との差異を知り、その上でお互いを認めることが
大切だと思うのですが。

さて、ダメダメな私を好きになる方法

それは、「他人と比較しない」こと。
どうせ比べるなら、自分と比べよう!?

逆説的的ですが、順位付け、優劣は相対評価です。

自分と比べるということは、絶対評価です。
何ができて、何ができないのか。
何処までできているのか、やったのか、達成したのか。

私は私!
他の何者でもない!

今、いる、
今、在る、
私がすべて!

今の自分を受け入れて、
今の私が一番好き

私が一番!

さあ、自分の部屋に閉じこもって
鏡に向って
(少し、恥ずかしい・・・)

私は、ヨシヒコ(あなたの名前を入れるのですよ)が
一番好き!
と言ってみましょう。

私の場合、ひげ剃りの後に
変顔を作って
面白い顔!
今日はどんな笑顔に会えるかな?
・・・・・
とつぶやく、危ない人です。

JUGEMテーマ:つぶやき。

役に立たなくてもいい、楽しむことが大切

  • 2016.03.04 Friday
  • 08:33
役に立たなくてもいい、楽しむことが大切

斎藤茂太さんの著書
「いい人生で終わる」ために大切なこと
にこんなことが書いてありました。

若い頃は、〜 役に立つかどうかという判断基準で
やることとやらないことを峻別するし、〜

これまでの「役に立つかどうか」という判断基準をやめて、
楽しめるかどうかを判断基準に 〜
「おもしろがってみる」


「いい人生で終わる」ためには、生きる目的をもつ
ことが大切ですよ・・・ということでしょうか。

ゆっくりと立ち止まりながら、眺める余裕が必要。
楽しければそれでいい!

いつからなのだろう
物わかりが良くなったのは

いつからなのだろう
ワクワク
ドキドキ
しなくなったのは

いつからなのだろう
笑顔がなくなったのは

ヘラヘラしているんじゃない!
何がそんなに楽しいのか?
嬉しいのか?
仕事は遊びじゃない!


もうそんなの関係ないのですねえ〜

変ですねえ、不思議ですねえ、
有り余る時間があるときとは真逆に、
冥土へ一歩一歩近づきつつあるからこそ
楽しむ余裕、面白がる余裕が
必要なのだとは。

手に入らないものを追いかけるより、
手に入るもの、
ワクワクするもの、
そういうものを追いかける。

そして、自分らしく生きる


JUGEMテーマ:つぶやき。

娘をとおして世の中を見る

  • 2016.03.02 Wednesday
  • 15:44
娘をとおして世の中を見る

娘が実習先でぼこぼこになって帰ってくる日々
とうとう、壊れる寸前まで・・・

娘は私だけができない!と信じていた

まじめなやつほど、へこむ世の中
まじめに言われたことをこなそうとして
失敗して
怒られて
へこんで

実習生に完璧を求める、OJT担当者
国家資格もない、労働に対する対価もない
そんな実習生に完璧を求める

できて当たり前を求める
それが理不尽なことと思わないほど
自分を追い詰めているOJT担当者

一方、まじめに必死にこなそうとして
体が硬くなり
失敗して

私の仕事を増やすのか!
と怒りまくるOJT担当者
さらにへこむ実習生

レポートを無意味に指摘して、自分の欲求不満のはけ口にする
何を求められているのかわからず右往左往する実習生
紙ペラ一枚渡して
はい、この通りやればできるから
やってみせることすらしない
やってごらん

実習生はただただその理不尽さに耐えるしかない

あげく、阿保だ馬鹿だと平気で実習生の陰口をたたく・・・

私だけが・・・と思っていた娘は
じつは同級生もそうだとわかって、少し気が楽になったらしい
中には、本当に病んでしまった子もいるらしい


弱い人、弱っている人を労り、助けるべき仕事をしているのに
自分より弱い若者に八つ当たりをする
最終チェックを怠り、ミスを指摘されると
平気で実習生のミスと開き直る

いったい病んでいるのはどちらなんだろう?

話を聞いている限りでは、量的忙しさに不満がありそう
毎日、イライラ
忙しい、忙しい
でも、本当に忙しいのだろうか
人が増えれば解決するのだろうか

忙しいから、余計な仕事は振るな
実習生など仕事を増やすだけ
そんな暇はない!

修業年限を増やし、実習時間を増やしたのは、
卒業後即戦力として、また、さらに幅広い知識を吸収し、
併せて専門的知識を自分で深めていくことができる人材養成すること
だったはず?

自分を育てる余裕も、育てる気持ちもさらさらないらしい・・・
あったとしても、偏差値50前後の学生は相手にしない
優秀な学生を相手して、できな子は無視する!
理由は、忙しいから・・・


私が若かりし頃
右も左もわからない「ひよっこ」だった頃
先輩の一言が思い出される
「俺がお前らに仕事を教えるのは、俺が楽をするためだ!」

そうなんです、部下に失敗され手直しをするぐらいなら
仕事ができるように教えた方が楽ができるでしょう?
忙しいならなおさらのこと・・・

今、目の前にいる実習生は、自分の職場に就職することはないだろう。
でも、他の職場に就職することになるはず。
彼、彼女の就職先で、仕事が良くできると彼らが褒められたら
それは、私が褒められてことと同じことですよね?

自分のところにきた新人くんが、なにもできないことにイライラして
新人くんに八つ当たりをするぐらいなら
実習生にきちんと対応しておけばこんなことにはならないわけでしょ?

結局、すべて自分のところに帰ってくるのにねえ〜

ゆとり世代よりたちの悪いのがバブル世代
などと陰口をたたかれないように用心用心


なんか相当、おしかりが来そうです。 (@@;)

JUGEMテーマ:つぶやき。

年齢にとらわれない生き方

  • 2016.02.26 Friday
  • 12:46
悠々自適どころか老後の破綻リスク
キーワードは自助努力・・・
年齢にとらわれない生き方
  「65歳定年制の罠(岩崎日出俊著)」より

刺激的な言葉がならびましたが、
年齢にとらわれない生き方の先例は、伊能忠敬でしょう。
50歳で家督を息子へ譲り、江戸へ出て天文、測量を学ぶ。
56歳から72歳まで測量を行う。

歳だから、などと言い訳はできませんね。

「人間、目標が見つかれば変われる」
三浦雄一郎さんの言葉だそうです。

私が高専生だった頃、教官が話してくれたことを思い出します。
昭和30年代後半〜40年代前半のお話です。

当時、私の母校は高等学校でした。
卒業して社会へ出て行くと、いろいろなことに出会うのです。
そう、理不尽なことにも。
大学を出たと言うだけで、実力もないのに・・・

こんな連中の下で働くのは我慢ができない!
なんとかして彼らを見返せないものか?

今から大学へ行って、卒業したとしても彼らには勝てない!
どうすればいい?
どうしたら勝てる?

「!」
そうだ! 東京大学へ行こう!?

そんな思いを実現した先輩が一人や二人ではない!?

高校出て、商社へ入社してもオペレーターとして雇われたので、
来る日も来る日も、テレックス(テレタイプ)と格闘の日々。
「やってられない!」と思ったかどうか定かではありませんが、
当時最年少の芥川賞作家となった丸山健二氏


商船の通信士であることに疑問を感じたのかはわかりませんが、
船の出航時刻直前に辞表を提出し・・・
大学の夜学へ通い、弁護士試験に合格!
合格までの4〜5年間は奥様に養われていたとか・・・

通信士として船に乗って、学費を稼ぎ、修士課程を修了して
母校の教官となった

人生無駄なことなど一つもない!


20歳であろうが
80歳であろうが
学ぶことをやめてしまった人は
年老いる
学びつづけているひとは
いつまでも若い

「ヘンリー・フォード」




「目標が見つからない場合はどうする?」
などと言わないで、
まずは、
欲しいもの
やりたいこと(やりたかったこと
なりたい自分(なりたかった自分)
を書き出してみることをおすすめします。

人生の棚卸しです

まだまだ、欲はあるはずです。

今日も、最後まで、お読みいただきまして、
ありがとうございました。


仙台でコーチングとマインドマップ・インストラクター、そして
「らしんばん倶楽部」を主催しているタッタくんこと佐藤好彦でした。
↓↓↓
笑顔で、自分らしく、豊かに人生を航海する、あなただけの羅針盤を
手にしていただくお手伝い。
あなたの大切にしていること、価値観、からあなたのミッションを創ります。


JUGEMテーマ:つぶやき。

言い訳はやめる

  • 2016.02.24 Wednesday
  • 08:06
言い訳はやめる

歳を経ると、いろいろなことがわかってくる。
自分の限界も分かっているから、〜
そこで、言い訳はうまくなる。
このように考えてしまう人は、
人生がずっと言い訳の連続だったのでは
ないだろうか。

もうこの先、何十年も生きられないとしたら、
言い訳をやめてみる生き方を一度は体験するべきであろう。

「いい人生で終わる」ために大切なこと
斎藤茂太著 より


「いい人生で終わる」ために・・・
いやいや、人生これからの若い方にも通じる生き方です。

「人生の棚卸し」をしてみることもよいですね。

ところで、できない理由を並べるのが公務員!?
(減点主義の超保守的ですからねえ〜)

できないことをあれこれ考えて、やらないよりも

できたときの喜びや、
できたときの周りの環境(状態)
何が見えるかな、何が聞こえるかな、何を感じるかな
なんてことを想像すると・・・

わくわくしてきませんか。

さあ、あなたは、どちらがより幸せを感じるでしょう。
 幸せにそうに見える姿
 幸せそうに笑っている声が聞こえる

あなたは、たくさんの成功体験をしています。
私にも、小さな成功体験はたくさんあります。

小さなことでも、成功を経験すると
次もできるかもとトライ(チャレンジ)したい気になります。

面白う、楽しそう・・・わくわく、どきどき

そうやって、小さな成功を積み重ねていくと
できている私、
達成している私に出会うことができます。


プラス思考やポジティブな言葉を発していると
笑顔でいられます。

それが、自分らしく生きる。
に繋がることではないでしょうか。


今日も、最後まで、お読みいただきまして、
ありがとうございました。


仙台でコーチングとマインドマップ・インストラクター、そして
「らしんばん倶楽部」を主催しているタッタくんこと佐藤好彦でした。
↓↓↓
笑顔で、自分らしく、豊かに人生を航海する、あなただけの羅針盤を
手にしていただくお手伝い。
あなたの大切にしていること、価値観、からあなたのミッションを創ります。

JUGEMテーマ:つぶやき。

落ち込んだときには・・・

  • 2016.02.18 Thursday
  • 12:02
落ち込んだときには・・・

最悪だぁ〜、どん底だぁ〜

落ち込んでいる自分に・・・
質問してみる

 
「ここから抜け出したい?」

自分を責めなくてよいのです
 
振り返ってみます
「過去にも同様のことがあったかな?」
「あのときは、どのように脱出したっけ?」

誰かに相談したっけ?

なかったら・・・
「今、できることは何かあるかな」
(これ以上、マイナスにならないためには何をやるの)

そして、どうなりたい?
なぜ、そうなりたいの?
そうなったときの私はどんなふう?

そして、誰の笑顔がみたい?

笑顔にありがとう

笑顔になることができて

ありがとう

って、口から出たら・・・もう大丈夫だよ。


幸せになっていいんだよ!
幸せになるために生まれてきたんだから。

そして、人の役に立つために生まれての。


JUGEMテーマ:つぶやき。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ご質問、お問い合わせ等

selected entries

categories

archives

recommend

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる (JUGEMレビュー »)
ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM